青の洞窟でシュノーケリング

青の洞窟を沖縄旅行のメインアクティビティーに考えているヒトは少なくないでしょう。

沖縄のマリンアクティビティーを代表するスポットです。

多くの人はシュノーケリングや体験ダイビングを旅行の計画に盛り込んで楽しみにしていると思います。

青の洞窟を計画的に楽しむのなら、初心者の場合はツアーやコースに申し込むといいですね。

青の洞窟専門のダイビング会社でおすすめなのは~……スカイリーフダイバーズ

折角の沖縄、折角の青の洞窟。

全力で満喫しなければ勿体ないですからね。

青の洞窟を楽しむためにダイビング、といいたいところですが基本的にはシュノーケリングになります。

シュノーケリングは、水中メガネにシューノケルと言われるチューブ状のものを取り付け、水中で呼吸をしながら楽しむマリンアクティビティーです。

シューノケルのチューブを使うことで、水中で呼吸がしやすくなり、足にフィンを取り付けることで、泳ぎが得意でなくても楽に泳ぐことができるため、水中散歩が楽しめます。

シュノーケリングの最中には海の中を泳ぐ魚と対面したり、水の中に届く太陽の光や口元からあがる気泡があがっていく様子などをながめ、日常生活から離れた沖縄の壮大な自然を体感することができます。

青の洞窟では一面を幻想的なブルーに染め上げた自然光の中、ここでしか味わえない独特の雰囲気をたっぷりと楽しめます。

シュノーケリングが初めてでも、特別な技術は必要ありません。

ウェットスーツやライフジャケットを身に着けることで、浮力がアップしますから、水の上でぷかぷか浮きながら楽しむことも可能です。

専門の所で頼めば、青の洞窟に長い実績のあるインストラクターがしっかりサポートしてくれるので、安心して冒険することができます。

ダイビングにも興味はあるけれど、すぐに飛行機で戻らないといけないといった人も、海にもぐらないシュノーケリングは減圧症などの負担もないのでスケジュールに入れやすいというメリットもあります。