覚えておきたい青の洞窟ツアーの選び方

沖縄旅行で人気の高い青の洞窟ツアーでは、ちょっとだけ予約の際にコツがあります。

まず、ビーチから青の洞窟にアクセスするのか、ボートでアクセスするのかの二択の問題があります。

ビーチアクセスは階段の上り下りがありますが、なんといっても安価なのが特徴です。

一方で階段は強風など天候の理由で閉鎖されることもあり、そうなるとボートアクセスに頼るしか方法がなくなります。

ダイビングショップによっては、最初にビーチアクセスでツアーの計画を立てておいて、当日の天候によってはボートアクセスに変更になってしまうことがあります。

せっかくの沖縄で青の洞窟まで足を延ばしたのだから、やっぱり洞窟へ向かいたいとなると、ボートアクセスへの変更ということになりますが、費用の差額を支払う必要が出てきます。

また、混雑しているピークシーズンの場合、ボート自体が足りなくなって結局ツアーに参加できなくなってしまうということもあります。

天候には常に気を配りたいですが、こればかりは変えることはできないだけに、要注意です。

沖縄の場合、冬季の海況は不安定になりがちですし、台風シーズンはアクティビティー自体が難しくなることもあります。

ダイビングだけするのであれば、ライセンス所持者に向けた施設が作られているようです。

冬季でもダイビングが可能になるとのことで、ダイバーとしては楽しみではあります。

関連情報➡冬でもダイビング! 沖縄やんばる沖に海洋レク施設整備へ | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

ですが冬でも青の洞窟に行けるようになるというわけではないので、やはり時期には気を付けたいものですね。

真栄田岬からビーチへ降りる階段は細く、ピークシーズンの混雑した時間帯には階段を下りる人で渋滞になることもあります。

暑い中器材を持って階段で待つのは体力がない人にはちょっとキツいです。

もちろん、階段を下りてからがダイビングやシュノーケリングのスタートですから、ちょっと楽をして青の洞窟の入り口まですっと出たいという人は、最初からボートアクセスがおすすめです。

ビーチアクセスの方が徐々に深いところに行けて安心、いきなり深いところで泳ぐのは怖いという人に向いています。

どちらにも良し悪しがあるので、自分に向いている方で行きましょう。

早割を利用してお得に青の洞窟ツアー

沖縄が初めてでも、青の洞窟の名前は聞いたことがあるでしょう。

青の洞窟でのシュノーケリングは、小学生くらいの子供から60代まで、さまざまな年代の人がチャレンジできるアクティビティーです。

沖縄の海でできることはさまざまありますが、幅広い年齢層のさまざまな人が沖縄の海を体験できるという点で、青の洞窟は素晴らしいスポットです。

特別泳ぎがずば抜けて上手な必要もないし、ダイビングの資格が必要なわけでもないのに、沖縄ならではの美しい自然が身をもって体感できるという点で、多くの人を惹きつけています。

やはり、せっかく沖縄まで足を延ばしたのだから、青の洞窟は行っておきたいと思う魅力がある場所です。

そこで、沖縄行きの予定が決まったら、できるだけ早いうちに青の洞窟のツアー予約を入れておきましょう。

ダイバーズショップによっては早割が適用され、早めの予約で割引率がアップするところもありお得に楽しめます。

早めに青の洞窟のツアーを抑えて日時を決定してから、沖縄の他のエリアへの移動や買い物などの予定を組み込んで、沖縄滞在の時間を有意義なものにしていきましょう。

朝のうちに青の洞窟に行き、午後からは買い物するとか、朝はホテルでゆっくりして、お昼くらいに青の洞窟、その後は話題のスポットでおいしい沖縄料理に舌鼓を打つというように、アクティビティーの前後の予定を立てておくと良いでしょう。

体調に合わせてムリのない状態で最高の沖縄の海を堪能できるように、前日はゆっくり休んでおくのも大切です。